保険の節約

保険の節約

保険の節約については、節約系雑誌などでもまず最初に特集されている分野であることは間違いありません。
独身の人には死亡保障はいらないので医療保障を充実させた方がいいとか、
子供のいる人は、子育てが終了したら保険を見直ししましょうとか、
車の保険は保障も同じなら通販型の方が確実に年間数万円安いとか、
いろいろな方法を見かけます。

 

しかし、節約という面だけを考えるとデメリットも少なからず存在するので、金額だけを気にすると失敗することもあります。
車の保険に関しては、通販型だといざというときに顔が見えないので不安だとか、電話やネットでのやり取りが心配だとか気にする人も多いようです。
特に年配者はその傾向が強いようです。
しかし、最近では通販型でもかなり対応に評価が高いところもあるようですから、問題がなければそのようなところに変えてみることもいいでしょう。

 

子供の保険(学資保険などの教育費関係)は、賛否両論あるようですが、入っておいた方がいいでしょう。
その分、貯蓄をしておいた方がいいというような意見も見かけますが、しっかりと貯蓄できるか心配な場合は入っておくといいでしょう。
また、契約者であるお父さんだったりお母さんだったりか亡くなった時にも保険料を払い込むことなく、満期の保険料が貰えるメリットは見逃せません。
少しでも保険料を節約したいのであれば、1年分をまとめて払う方法もあるので、そういった方法を選ぶといいでしょう。

 

医療保険については、たくさんの保障があれば安心ですが、高額医療費保障などもあるので、最低限度でいいかと思います。
できれば、入院保障は毎日1万円くらい欲しいところです。